忍者ブログ
主に『蒼空のフロンティア』での事を細々と書いてます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 PLの疑問とPCの目的と一致した時、
そのアクションは生まれたのです。


……とかいうと何かカッコ良さげですが、
実際はPLの実験成功の代わりにMCは蔦だらけでモサモサだし(笑)
重傷だし、早川家揃って瀕死だしで自キャラ達には
可哀想な事したなとは……思ってます。
次に持ち越すペナルティとかは特になかったようで、
ほっとしていますが(これ書いてるのは三回目のガイド公開後なので) 


 


今回の行動に関しては、ガイド読んだ時にピコーンと思いついたので
疑問の消化と共に「こんなのどうでしょう?」とMSさんに投げてみる形にしてみました。
吸血鬼を苗床にするという薔薇の種。
ならば、マニュアルで言及されている『下位の吸血鬼とされる吸血鬼のパートナー』の
地球人でも花を咲かせられるのでは? というのがPLがまず考えた事。
加えて、前回リアクションの犯人一派の言動やガイドの状況から、
夏の館に直接向かっても戦いや種の植え付けを押さえられるものではないと判断し
じゃあ元締めに掛け合うのが良いんじゃないかと。
でもタダでなんとかしてくれるとは思えない→賭けをしたらどうか?
という感じで、アーダルさんの好きな蒼い薔薇が咲いたら便宜を図ってね、
というアクションになりました。

結果としては、成功。
当初PL的にはウゲンにも見て貰いたいけど、ちょっと欲張りかなぁ……
(前回アーダルヴェルトの方は呼べなかったので)という事もあって
アクションでは対象を絞ったのですが、見ててくれたようで思わぬ収穫。
というより、アーダルヴェルトの反応見るにウゲンが出てこないと
ダメだったんだろうな……と、これも収穫でしょうか。

結構薔薇の苗床とか植物に侵食されるとか、情緒的なエロスを感じるのですが
良い感じに禍々しく(?)描写して頂きました。
しかし、想像以上にモサモサしてました(笑)
緑の繭玉? みたいな。


今回、生徒達に課せられたのは『覚悟を見せる』事だったようで、
自キャラはかなり当て嵌まった行動だったようですが
ガイドの状況の唐突さ・情報の少なさもあって
戸惑われた方が結構いらしたようでしたね。
手馴れたMSさんのシナリオで慣れてしまうと分かり難いですが、
情報の過不足のないガイドって結構難しいのかも知れません。
あと、このシナリオに限らず蒼フロのPLさんって
「普通の地球人の常識」というのを念頭に物事を見てしまっている
部分があるように感じるので、まず「こういう世界なんだよ」
「自分達には非常識な事でも、この種族にとってははこれが当たり前なんだよ」
というのを説明しないといけなかったのかもなぁ、と思ってます。全体的に。
でもね。
あのガイドからでも、シナリオと課せられたものの本質を
探ろうとする気持ちを持っているかいないかというだけで、
アクションに凄く差が出たんじゃないかな……とも思ったりします。
分からない事が分からないのは、悪い事じゃないです。
ただ、そこからどうするか……ですね。


行動ごとに咲く薔薇の色も違ったようですが、青い薔薇を持ち帰ったので
【青薔薇の騎士】の称号を頂きました。
ちょっとレアカラー?
呼雪に騎士称号は、なんだか不思議な感じ。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
いのうえ
性別:
女性
自己紹介:
その辺のPBWに出没中。
ものぐさ星人なので、
あまり期待しないで
くだされ……。

使用キャラ:
【蒼フロ】
MC/早川 呼雪(開封注意)
LC1/ファル・サラーム
LC2/ユニコルノ・ディセッテ
LC3/ヌウ・アルピリ
LC4/マユ・ティルエス


蒼フロメモ:
鏖殺寺院関連NPC
最新CM
[06/06 エメPL]
[06/05 いのうえ]
[04/04 朱PL]
[03/05 エメPL]
[03/05 エメPL]
バーコード
ブログ内検索
   
ついったー試験運転中
Copyright ©  -- PBW徒然記 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]