忍者ブログ
主に『蒼空のフロンティア』での事を細々と書いてます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

感想書こうと思ったら、結構経ってしまいました……
世界を再起する方法3/3です。

今回は博士特製超硬い巨大ゴーレムと、
聖地カルセンティンの地下からザナドゥに通じる洞穴を通って
出てきた魔物との戦いという2つの決戦が、
最終回らしくて盛り上がりましたね。
自キャラはアクションではカルセンティンの魔物と戦う選択だったのですが、
他PCさんのアクションや展開の兼ね合いで移動に。
思わぬ事でしたが、面白く書いて頂けて此方も盛り上がったと思います。

ついに導きの羅針盤の真価が発揮され……といいますか。
まぁ、あの……アクション書いている時点では全く想定していなかったので、
やはり判明した時はぶふっ、となってしまったのですが
ファル坊が神子になったでござる。
吃驚しましたが、その後の展開は燃えたな~。
この辺は、関連のPCさんと九道MSに感謝。
コハクくんは人様のLCになった関係で色々言及するのが難しく感じるのですが、
やっぱりひと回り大きくなった気がしますね。
こういう姿を見られるのも、続編が出来て良かったなと思う事のひとつでした。
ファル坊が貰ったモーリオンの結晶は、きっと大事にするでしょう。
思えばモーリオンはドラゴニュートの守る聖地で、
あのの戦いの時は彼ら既に全滅状態だった上にゾンビ化して悲しかったですが、
いずれあの辺りの荒野も緑に溢れてくれたら良いなぁと思います。
その為に役立てる(女王復活)のだから、
神子というのも喜ばしい事なのだと、
また然るべき際にお役に立てるように頑張りたいと思いました。

シリーズを通して、個人的なイメージなのですが
セカホロに比べると再起はなんだか開放感があった気がします。
セカホロの時は、やっぱり滅びに向かっていたり絶望的な状況が多くて
閉塞感があったからかも知れないですね。
セカホロ第1回の時の奇跡の当選から
ずっとお付き合いさせて頂く形になりましたが、
悲しく辛い展開にめげずに続けて来られた事が
今の充足感に繋がっているのだと思います。
始めのうちはアクション被りやあまり役に立ててないなー、と
思ってしまう部分も多かったですが……色んな難しさがありました。

再起に入ってからは、ちょっと難しく考えすぎてしまった部分もあり
お恥ずかしい限りですが、
その分楽しいNPCと有益なお話が出来たのも嬉しかったですね。
ラストに裏話も聞けて面白かったです。
セカホロ6回にお正月シナリオ、再起3回で10作ですか……?
随分長く遊ばせて頂きましたね。
清々しい気持ちでラストを迎えられて、
PBWをやっていて良かったなと思ったシリーズでした。
また機会があれば、九道MSのシナリオ参加させて頂きたいですね。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
いのうえ
性別:
女性
自己紹介:
その辺のPBWに出没中。
ものぐさ星人なので、
あまり期待しないで
くだされ……。

使用キャラ:
【蒼フロ】
MC/早川 呼雪(開封注意)
LC1/ファル・サラーム
LC2/ユニコルノ・ディセッテ
LC3/ヌウ・アルピリ
LC4/マユ・ティルエス


蒼フロメモ:
鏖殺寺院関連NPC
最新CM
[06/06 エメPL]
[06/05 いのうえ]
[04/04 朱PL]
[03/05 エメPL]
[03/05 エメPL]
バーコード
ブログ内検索
   
ついったー試験運転中
Copyright ©  -- PBW徒然記 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]